木の家 施工へのコダワリ

私、社長の白木が、こだわりの仕様をご紹介いたします。

その前に少しだけ当社の紹介をさせてくださいね。
私達は地元和歌山に根付いて約40年になる地域密着型工務店です。私、白木は先代から後を受け継いだ二代目になります。私は幼い頃からずっと、家づくりを見ながら大きくなったようなものです。
だからこそ、和歌山の地元工務店として、「はなまるの家」では、とことん家造りに対する”コダワリ”を持って、1棟1棟お客様に提案して施工しています。

そんな私達がこだわっている仕様。それは
家族が安心して健康に幸せに暮らせる、身体に優しい家なのです。
そういう家をつくる為に、ひとつひとつの素材・仕様にこだわっているのです。

 実は最近、多くの住宅メーカーはパネル、パネルと大騒ぎしています。そのため、弊社にもパネル工法はやっていないの?と質問されるケースが増えております。

住宅メーカーでも本当は別にパネルにこだわらなくとも壁面構造倍率を上げる工法はいくらでもあります。

逆にパネル工法を採用すると、見えない点で支障が生じてきます。

サッシ寸法の変更や取り付け高さの変更、また将来の増改築まで影響してくる可能性もあるのです。弊社でもパネル工法は出来ないわけではありませんが、やはり日本の風土に適合した、在来軸組み工法(一般に木造在来と呼ばれます)が一番良いと考えております。
木造。つまり「木」でつくる家は風土だけでなく、日本人の長年住みなれた家屋でもあります。
だからこそ、私たちは「木」を厳選しています。

そして、柱・土台とも国産天然の桧の4寸柱という丈夫な太さの物を採用し、丈夫で長持ちする構造をつくります。内装材は☆☆☆☆(フォースター)は当たり前。
ビニールクロスが苦手な人のために、でんぷん糊で貼る天然の和紙の壁紙をはじめ、天然のウールでできた羊毛系断熱材など身体に良い素材、そして健康効果の高い素材にこだわっています。

 快適な生活をするためには、室内の温度や湿度に対する対策が必要です。これから特に和歌山では夏の暑さ対策は必須になるでしょう。快適な温度・湿度を維持するのに、天然の木(無垢材)と当社の採用しているとても厚みのある断熱材はとても高い相乗効果を発揮し、吹抜けや広いリビングをつくっても「夏はすがすがしく!冬は暖かい!」というすばらしい室内環境を生み出してくれます。
 
  しかし、問題はいくら身体に良い、仕様の良い家でも  満足+高品質=高い価格  では今まで世の中に溢れている家となんら変わりませんし、安いだけのローコストの家では高品質な家にはなりません。

大切なのは
「適正価格で身体に優しい健康な素材で高品質な家をつくる」そして更に
「家計を圧迫しない。家を買ったためにローンの支払いで目一杯にならない安心」を私達工務店が皆様にご提供していくことなのです。

私たちは、家づくりだけでなく、家が完成した後のお客様のライフスタイルも考慮した提案を行い、お客様へ安心と信頼をご提供したいと思っております。小さな工務店ではありますが、当社では、嘘偽りのない、住宅を提供していきます。

お客様との信頼関係おかげさまで、インターネットを通じてのお問合せも年々増加しています。

これは、当社に信頼をお寄せ下さる方が増えている結果でもあり、大変嬉しく励みに思っています。

当社には家造りにこだわった仕様が、まだまだございます。

詳しくは弊社までお問合せください。心から皆様のご要望をお待ちしております。

お問合せ・ご相談

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム ご来店予約